インストラクターができること

認定インストラクターになると何ができるの?

認定インストラクターになると、デザインから自分で考えたオリジナル作品が作れるのはもちろん、食品サンプル教室の運営、作品の販売が出来るようになります。

また、協会監修カリキュラムを使用した、「協会認定1級・2級講座」をご自身で開講できるようになります。(簡単な開講条件があります。)
認定講座は他にはない日本食品サンプルアート協会オリジナルコンテンツ、カリキュラムのため、他の趣味の教室やクラフト教室と差別化した活動ができるのも魅力です。

※インストラクター認定講座のカリキュラムでは、教室運営のノウハウ・作品販売の基本・デザインの考え方も学ぶ事ができます。

認定インストラクター活躍の場

認定インストラクターとなる事でたくさんの活躍の場があります。
教室運営ではカルチャースクール、フリーマーケット、ワークショップ、ショッピングモール、ホームセンター、住宅展示場、物販ショップ、地域イベント、企業レクリエーションなど、さまざまな場所で食品サンプル教室を開催する事ができます。
作品販売ではメルカリ、ミンネ、フリーマーケット、レンタルスペース、ハンドメイドマーケットなど、様々な場所で販売の機会があります。
ご自身の活動スタイルやお住まいの地域に合わせて、活躍していく事ができます。

収入を得る事もできます

認定インストラクターとなる事で趣味の制作だけでなく、教室運営や作品販売を行い収入を得る事もできます。
食品サンプル教室の運営や作品の販売で得る収入は、単純にお金を儲けると言う事ではなく、こだわった構成した教室が認められ、思いを込めた作品が認められお金を頂くと言う、とても感動する瞬間です。
あなたのこだわりの教室、作品で収入得て、その収入で勉強してまた良い教室、作品を作り、それをまた生徒様やお客様や提供する。そんな好循環の幸せな教室運営、作品販売も行う事ができます。
※認定インストラクター、教室運営、作品販売は収入を保証するものではありません。個人により結果は異なります。

好きを仕事に!

活躍の場がたくさんあり、収入を得る事もできるので、好きな食品サンプル制作、好きなモノ作りをお仕事にすることもできます。
お客様、生徒様に販売代金や受講料を頂戴するので、責任を持って活動する事が必要ですが、好きな気持ちが強い人ほど良い教室を運営でき、良い作品が作れるものです。
教室運営、作品販売は実力がものをいう世界ですが、だからこそ、食品サンプルせいさくが好き、モノ作りが好きと言う、情熱の強い人ほど、たくさんの人に支持され、依頼を多くもらう事ができます。
近所で簡単な体験教室の開催、フリマアプリで手軽な作品の販売など、ご自身の状況に合わせて、無理なくチャレンジしてみて下さい!

一緒に成長できる仲間ができます!

インストラクター活動の楽しさで大切なのが「仲間」です。
どれだけ技術が上達しても、教室の生徒様が増えても、一人で活動していては楽しくありません。
制作活動や教室運営を一緒に頑張れる仲間がいるから楽しいのです。
教室運営、作品販売、共に成功発展のポイントは仲間作りです。
仲間との情報交換、協力、助け合いがあるからこそ、成功発展できるのです。
食品サンプルの好きな仲間、インストラクターとして頑張っている仲間を作り、楽しく活動する事ができます。
協会ではインストラクターの方々が、信頼できる仲間作りができるような、定期的な懇親会の開催、ブログの相互リンク紹介を行っています。
懇親会では日本各地からインストラクターが集まりとても盛り上がっています。

先生として活躍できます

教室運営を行うと先生、講師として活動する事になります。
作り方を教えるだけでなく、人を育てる必要もあるため、先生として活動するのはとても責任重大です。
しかし、先生として活動する事で、感謝され受講料を頂く事もできます。
普段の生活では体験できない、とてもやりがいと充実感を得ることのできる立場となって活動する事ができます。

すごくなくてもオファーがあります

当協会の認定インストラクターも少しずつ増えてきましたが、それでもまだまだインストラクターの人数は足りていません。
あなたの近所でも、アクセサリーやデコなどの体験教室を見かけたことがあるとは思いますが、食品サンプルの体験教室を見た事はありますか?
食品サンプル教室は作ってみたい、体験してみたいと言う人はたくさんいるのに、開催している教室の数がほとんどありません。
そのため、とくにすごい技術がなくても、すごい作品が作れなくても、ライバルと激しい競争をしなくても、食品サンプル教室を開催できると言うだけで、教室開催のオファーをもらう事ができるの状況なのです。
さまざまな活躍の場がたくさんあり、激しい競争をせずに、教室開催のオファーをもらえる可能性があるので、インストラクターとなって活動のスタートでいきなりつまずく事が少なく、短期間でたくさんの機会と経験を積むこともできるのです。

どうやって認定インストラクターになるの?

認定インストラクターになるには、協会認定講座を受講して修了することが必要です。
2パターンの受講方法があります。
上記の講座を受講して、制作技術・教室運営ノウハウを習得して頂く事で、認定インストラクターになる事が出来ます。

1:インストラクター認定講座(短期集中講座)

2日間(10時間×2)の短期間集中受講でインストラクター認定を取ることができます。
「できるだけ早くインストラクターになりたい!」「近くに認定講座を開講している教室がない」そんな方におすすめの受講方法です。
【東京・本部開催】 ※詳しくは → インストラクター認定講座(短期集中受講)

2:2級・1級・インストラクター認定講座

「2級講座(2時間×6回)」・「1級講座(2時間×6回)」・「インストラクター講座(8時間×2回)」
全3クラスの認定講座を受講して頂くことでインストラクター認定を取ることができます。
「しっかりと丁寧に技術を習得したい」「近くに認定講座を開講している教室がある」そんな方におすすめの受講方法です。
【日本各地、東京・本部開講】 ※詳しくは → 2級技術講座

食品サンプルアートインストラクター認定 短期集中講座
PAGE TOP