眼においしさを伝える方法

食品サンプル生ビール

 

こんにちは

 

今日は少しだけ暑さがやさしいですね。^^

 

 

【眼においしさを伝える方法】

 

食品サンプルは

「眼においしさを伝える」なんてことをよく言います。

 

私の作る食品サンプルアートは、飲食店のメニュー見本ではないので

「眼においしさを伝える」を強調(おもしろく)して、作ることが多いです。

 

「眼においしさを伝える」方法はいろいろあるのですが

そのうちのひとつに「眼に温度を感じさせる」というのがあります。

 

おいしさを伝えるために「眼に温度を感じさせる」というのは

基本的な考え方、技術ですが

 

これが表現できるようになると

食べなくても、眼においしさを伝えることができるようになります。

 

 

ということで

 

「眼に温度を感じさせる」

食品サンプル「冷え冷えの生ビール」作ってみました。^^

 

冷え冷えのビールグラス

グラスは濡れていません。

「冷たくてグラスがくもり、水滴がたれている」加工をしてあります。^^

食品サンプル生ビール

 

食品サンプル生ビール

 

グラスの中には何も入っていないので

手に持ってみるとグラスのくもりと水滴が不思議な感じです。^^

食品サンプル生ビール

 

こちらのビールグラスは「冷凍庫で冷やして凍らせている」加工をしてあります。

写真だと、ただのくもりガラス風に見えますね。^^;

食品サンプル生ビール

 

手に持ってみると、冷凍庫でグラスを冷やした時の

表面がうっすら凍っている感じがわかります。

 

ひゃ~~~~ 冷たい!!^^

食品サンプル生ビール

 

グラスに食品サンプルのビールを入れると

冷たさが良く伝わるようになります。

 

冷たくておいしそうです!

食品サンプル生ビール 食品サンプル生ビール

 

ビールの泡をのせて完成です!!^^

 

フローズンビールにある

ソフトクリーム風の泡を作ったつもりなのですが

食品サンプル生ビール

 

うんちをのせた感じになってしまいました。(^o^;)

これはこれでかわいいけどね。^^

食品サンプル生ビール

 

こちらのビールの泡は

ジブリ作品に出てきそうな、ビールの泡のイメージで作ってあります。

食品サンプル生ビール 食品サンプル生ビール

 

もりもり、もこもこ、ビールの泡。

冷えてますよ。^^

食品サンプル生ビール

 

あ~~~~ 昼間から、キンキンに冷えたビールが飲みたい!!!

食品サンプル生ビール

 

暑い季節に冷たさを伝える

食べなくても、飲まなくても

おいしさが伝わってきますよね。^^

食品サンプル生ビール

 

食品サンプル生ビール